シモーネトムソン

アボリジニアーティスト

私の物語

私はメルボルンを拠点とするアボリジニの芸術家であり、母を通してビクトリアのウルンディエリとヨルタ-ヨルタ族の子孫であり、父を通してアイルランド人とスコットランド人です。

この美しい土地の豊かな風合いと色、そしてビラルン(ヤラ川)とドゥンガラ(マレー川)との先祖の絆から、私の芸術にインスピレーションを得ています。私の人々は川の人々なので、空の夢や創造の物語とともに、水路が私のアートに織り込まれていることがよくあります。

私は母である母方の祖母であるKookaGeraldineと、彼女の母である私の曽祖母であるKookaYarmukに敬意を表します。特に、母から受け継がれてきた言葉、物語、先祖代々のオーラルヒストリーや知識を伝えるのは彼らを通してです。

私は幼い頃から伝統的な歌や踊りを含む強力な文化教育に恵まれてきました。これらの文化的慣習は、私がビクトリア州で最初のアボリジニの学校であるウォラワアボリジニカレッジの最初の卒業生になった10代まで続きました。 15歳で最初のペイントブラシを手に取り、最初の夢の物語を作成したのはここです。この神聖な物語の芸術を大人の年まで続け、自分の文化とのつながりから当時と同じ精神的な癒しと力を得ることができるとは、ほとんど知りませんでした。私の夢の物語と旅を私と共有することを勧めます。

ガルニャン、尊敬。

シモーネ